ハウスメーカーS社様新築物件リビングダイニングをコーディネート『スタイリッシュナチュラル』編

こんにちは。

この度、湖西市と浜松市に拠点を構えるハウスメーカーS様ご新築物件の、見学会に向けたリビングダイニングコーディネートを担当させていただきましたので早速ご紹介させていただきます。

スタイリッシュなご邸宅に合うスッキリとしたデザインのソファ・テーブル・チェアなどを選定させていただきました。

飛騨高山産の美しい木枠とシャープな脚部が特徴的な方肘ソファ。
白くて少し赤みのあるビーチ材は透明感があります。
同シリーズで“うちわ型”天板がおもしろいサイドテーブルと合わせています。

木枠ソファは後ろ姿が美しいので、背面が見える置き方をすればより魅力を引き出せます。
こちらのソファは背面から肘にかけて均等に配置された縦格子が特徴です。

四方を削った特徴的な天板が美しいオーク材のテーブルは脚部がグレーに着色されています。
単色では表現できない少しモダンな雰囲気がスタイリッシュさを演出してくれます。
合わせたチェアは巨匠ハンス・J・ウェグナーのCH88。
異素材を巧みに組み合わせた、一切無駄のないデザインがシャープさを引き立ててくれる名作です。
テーブルとチェア・ベンチはトータルで統一感が出るように、それぞれのパーツの中にブラックスチールやグレー・ブラックソフトレザーが使われているものをチョイスしました。

今回のコーディネートは、ナチュラルな中にもすっきりとした、大人なスタイリッシュさを出せるように、脚部や天板形状などシャープなものをセレクトさせていただきました。

家具のコーディネートによって、同じナチュラルな空間でも、かわいくなったりカッコ良くなったりと、全体を通して全く違う印象になります。自分自身がお部屋をどういう雰囲気にしたいかを意識して、テイストやカラー・デザインなどを選んでいきたいですね。

この度は本当にありがとうございました。

 

旧マルスブログはこちらから!

【マルススペシャルコミュニティは下記より無料登録いただけます】

友だち追加